Monday, August 22, 2016

0086 村に火をつけ、白痴になれ 栗原茂 ★★★


なんともスゴイタイトルですが、内容は大正期に活躍した女性評論家・・・というか無政府主義者・・・うーん、なんと記述しても、この人、伊藤野枝の八方破な人生を正確に言い得ない気がするのですが、とにかくそういったツマラナイ肩書きを拒否し尽くして笑いながら屹立するような人、そういう人の評伝です。

で、それでは説明になっていないので、別の角度からの記述をすれば、

とにかく「わがまま」ということを、徹底的に突き詰めて生ききった人

ということになるかと思います。

社会的な常識やルールをことごとく破り、だってそうしたいから、だって嫌なんだもん、の繰り返しで、最後にはご存知の通り、28歳の若さで憲兵隊にリンチされ、井戸に投げ捨てられてしまった人の壮絶な人生が描かれた本です。

あんまり知られていないことですが、伊藤野枝は、平塚らいてうが始めた初の女性向け雑誌である「青踏」の第二代編集長でもあった人です。平塚が忙しくって雑誌の編集はできないということで、半ば乗っ取る形で編集長におさまったんですが、野枝もあんまり仕事をしないので結局のところ「青鞜」は廃刊になってしまう。

じゃあ伊藤野枝はなにに忙しかったのかというと、これが驚くべきことにセックスなんですね。あの人素敵、セックスしたい、この人素敵、セックスしたい、ということで忙しくてしょうがない。で、この望みがことごとく叶っていくので、おそらくきっと魅力的な人だったんでしょう。写真を見ても別にセクシーというタイプでもないのですが、なんというか、センシュアルなところがあったのでしょうね。

当時モテモテだったアナキストの大杉栄は、野枝に出会った当時すでにドロドロの三角関係で、苦し紛れに自由恋愛論、結婚制度否定論を雑誌に寄稿していたのですが、野枝に出会ってゾッコンになってしまい、グニャグニャの骨抜き状態になってしまいます。よっぽどソソルものがあったのでしょうなあ、なんだか想像してしまいます。

面白いというか・・・笑ってはいけないのですが、困ったのは大杉栄をリーダーとしたう社会運動のメンバーたちです。我らがリーダーは、最近アジ論文も書かないし、集会にも来ない・・・一体何をやっとるんだ?ということで調べてみると、伊藤野枝という女と昼も夜もとにかくヤリまくっているらしい・・・。

ということで、社会運動の面々からは伊藤野枝は、偉大な社会改革リーダーである大杉栄を堕落させた張本人ということで、攻撃の標的にされることになります。ところがこれにまったく負けていないのがすごいところで、こんな感じだったようです。

この時期、社会主義の運動もうまくいっていなかったこともあり、その怒りの矛先が野枝に向けられたのである。11月2日、「近代思想」からの仲間であった五十里幸太朗が、ホテルをたずねてきた。あがりこむなり、五十里は野枝の顔をぶん殴った。ええっ、大杉がびっくりしていると、なぐられて憤慨した野枝が、「ウオオ!!!」といいながら五十里にタックルを仕掛けている。取っ組み合いになり、五十里を押し倒すと、マウントポジションを取って、そのままバシバシとぶん殴った。野枝の圧勝である。五十里は泣きながら帰っていった。(p88)

とまあ、こんな感じだったようです。最終的に大杉の四角関係ももつれにもつれて、以前からの愛人であった神近市子に葉山の日影茶屋・・・これは僕の家のすぐそばなんですが、に短刀で喉元を刺されて瀕死の重傷を負ったりと、もうハチャメチャとしか言いようのない乱脈人生で、最後には大杉と甥っ子と一緒に、憲兵隊の甘粕にリンチの上に虐殺され、井戸に投げ捨てられてしまうという、そういう人物の評伝です。

おそらく普通に教育されてきた人が読んだら、多くの部分について嫌悪感や違和感を覚えることになると思います。じゃあ何のために読むのかというと、その嫌悪感や違和感を、自分が抱えるその理由について考えてみることが、大事なんじゃないかと思うんです。

私たちは、「わがまま」ということに関して、徹底的にネガティブなものであるという刷り込みを、幼少期から受けていますよね。しかし、本当に「わがまま」ということは、良くないことなんでしょうか?もしかしたら「わがままは良くない」と思う、その価値観や道徳観が、自分の可能性を毀損しているのではないか。結果的に、伊藤野枝の人生は幸福なものだった、とは言い難い終わり方をしているわけですが、それでもこれを読む人に対して、何らかの認識の揺さぶりをかけるものがあると思うのですよね。

「わがままであること」の重要性を生涯にわたって説き続けた人物の一人にヘルマン・ヘッセがいます。ヘッセは、その名もずばり「わがまま」というタイトルのエッセイまで表して、「わがままのすすめ」を訴えました。ちょっと抜粋してみましょうか。

わがままが、さほど愛されていないのは残念なことである。わがままは何らかの敬意を受けているだろうか?おお、とんでもない。それは悪徳とさえ、さもなければ嘆かわしい無作法とさえみなされているのである。世の人は、それが人に不快感を与え、憎悪を引き起こす時だけ、それを本来のまともな名で呼んでくれる。ついでに言えば、本物の美徳はいつも人に不快感を与え、嫌悪感を引き起こすものだ。ソクラテス、イエス、ジョルダーノ・ブルーノ、およびその他全てのわがままものを見るがよい。
ヘルマン・ヘッセ「わがままこそ最高の美徳」より

とまあ、こんな感じに「わがまま」を激賞しているわけです。でも考えてみれば、ここにヘッセが上げているソクラテス、イエス、ジョルダーノの三人も結局、大杉や野枝と同じように処刑されていますよね。やっぱり、世の中の人はみんな「わがままな人」が怖かったり嫌いだったりする、ということなんでしょうか。新約聖書のマタイ福音書の8.28には、「二人は非常に凶暴で、だれもそのあたりの道を通れないほどであった」という二人をイエスが追い払った後で、やってきた村人は「イエスを見ると、その地方から出て行ってもらいたいといった」とありますものね。ふー、度し難いな。

そういえば、伊藤野枝に関するこの本を読んでいる時に、しばしば思い出されたのがデニス・ホッパー主演の「イージーライダー」のこんなセリフです。この映画でも、ハーレーに乗って自由を満喫するための旅に出た中年男性の二人は、最後には保守的な人たちに虐殺されてしまうわけですが、徐々に迫り来る社会的な敵視を目の当たりにして、ジャック・ニコルソン演じるジョージ・ハンセンは鋭くもこう指摘します。

連中は君たちを恐れているわけじゃない。君たちの長い髪が象徴するものを恐れているんだ。この国では「個人の自由」が一応は国是になっているが、本当の「自由な個人」を見たとき、自由でない者はそれを恐れ、憎むんだ。
「イージーライダー」より

伊藤野枝に関するこの評伝を読んでも同じだよな、と。もしこの本を読んで嫌悪感や違和感を抱くとしたら、それはもしかしたら自分の中の恐れや憎しみの反映なのかも知れないなと、と思って読むといろいろと感じるところがあると思いますよ。

















ヘルマン・ヘッセ