Tuesday, March 1, 2016

0023 企業戦略論 ジェイ・B・バーニー ★★


ポーターの『競争優位の戦略』に比較すると、日本では少しマイナーな本書ですが、グローバルには経営戦略論の定番の教科書になっています。本書は、ポーターが主張するいわゆるポジショニング論に対置される、リソースベースビューの経典と捉えられがちで、実際に僕自身も、そのような紹介を何度かしています。

で、今回あらためて読み直して思ったのが、この本はもちろんリソースベースビューの教科書というべき本なんですが、それと同時に大変わかりやすいポジショニング論の解説書でもあるということです。

僕は、いろんなところで「大家の著作には偏向がある」という指摘をしていますが、ポーターの理論のどこに限界があるかも同著作を読むとよくわかります。ちなみに同書は、上巻・中巻・下巻とありますが、よほど経営戦略論について詳しく知りたい、という人でなければ上巻だけを読めば十分かと思います。その上で、中巻は「垂直統合」や「コスト競争」といった個別の論点について深く考えたい時に、該当する箇所だけを拾い読みしていくという読み方がいいと思います。


No comments:

Post a Comment